HOME>注目記事>普通第2種免許と地理試験に合格するために必要な知識と費用

乗務員になるために必要な資格と費用

ドライバー

タクシー乗務員のお仕事は未経験者でも同年代のサラリーマンより稼げるため、求人情報の中でも非常に人気のある職業です。必要なのは普通第2種免許だけですが、場所によっては地理試験に合格している必要もあります。地理試験とは主に東京や大阪などの都市部のタクシー会社で必要とされますが、地名や道路名やもちろんのこと各名所なども覚えなくてはなりません。地理試験は受験料が3400円から6800円となっていますが、普通第2種免許は教習所で取得する場合は20万円から25万円程度はかかります。ただし、一発試験であれば4万円程度で済みますが、難しいので複数回受けることになるとお得と言えるかどうかは微妙です。タクシー乗務員になるにはこのような費用がかかることを覚えておいた方が良いでしょう。

通常のタクシーとハイヤーの違い

タクシー

一口にタクシー乗務員と言っても求人にはいくつかの種類があります。まずは通常の法人が運営するタクシー乗務員ですが、働き方が比較的自由なので自分の時間やスタイルが持てますし、やればやるほど稼ぐことができるのでやり甲斐も感じやすいです。経験や学歴なども不要ですがスタートは給料が低いですし、様々な乗客の相手をしなくてはならないのでコミュニケーション能力は必要かもしれません。また、ハイヤー乗務員と呼ばれるお仕事は完全予約制のサービスで、指定された場所と時間に送迎することになります。富裕層などのお客さんが多いのでおもてなしする心構えが必要ですが、出来高ではなく固定給なので経済的に安定しているのが魅力です。

介護が必要な人のためのタクシー

女性

その他にも、障害者や介護が必要な人を送迎する介護保険タクシーというお仕事もあります。通常のタクシー乗務員とは違ってかなり顧客が限定されますが、誰かの役に立ちたいと考えている方に向いている職業です。実際、女性のドライバーも増えていて女性歓迎の求人も多いですし、お客様へのいたわりの心がなにより求められます。仕事をするには普通第2種免許のほかに介護職員初任者研修の資格も必要でして、運転する自動車もお客様が寝たまま乗降できるようなワゴン車などを運転することになります。